この度、SMELLMANは活動休止をすることとなりました。
突然の発表となり、大変申し訳ありません。

結成から約12年、良い時も悪い時も、これまで活動してこれたのは、
支えてくださったファンの皆さま、関係者の皆さま、仲間たちのおかげです。
本当にありがとうございました。

この先、メンバーはそれぞれの生活に戻りますが、
また気が向いたときに、ふと集まって音を鳴らせるように、というメンバーの総意で、
活動休止という形にしました。

SMELLMAN一同

各メンバーよりコメントがあります。
突然の発表、そして去年末のワンマンが休止前最後のライブになってしまったこと本当に申し訳なく思っています。

理由としては自分の力不足とか色々とあるけど、ぬるま湯のカエルみたいな感じかな。
年齢はもちろん、環境や価値観や熱量、本当に色々なものが変化していって気づけばただ続けるだけになっていたように思います。

それでも、人生をかけられるバンドに出会ってから約10年。すべてをこの場所に捧げて来ました。
いいことも悪いことも、思い出話をあげればキリがないんだけど
ここでの経験は僕にとって大きな大きな大きな大きなめちゃくちゃ大きな財産です。
最後までスメルマンのボーカルでいられたことを誇りに思います。

そして、出会ってくれたすべてのみんなに感謝です。何度も助けられました。大切な仲間もたくさん出来ました。
本当に有難うございました。

今は肩の力が抜けすぎて正直これからどうしようって感じなんだけど
これで僕の人生が終わった訳ではないし、また新しい景色を見に行けるとゆう期待も少しあります。

あとは、集まって酒飲んで笑いあえる場所がなくなるのは単純に寂しいからソロの活動も継続していこうと思っています。スメルマンの曲もやりたいしね。
だからまた会えたら嬉しいな。

最後に改めて
たくさんの応援、本当に有難うございました!

ムタ

スズキトモヒロです。この度この様な形を取らせて頂きます。少しの思い出話と、現在について書かせて頂きます。

ハヤシからの着信以来、私の3年間の全てをスメルマンに捧げました。仕事としての意識を強く持って、今までのスメルマンにないもの、私にしかできないものを求めてきました。

しかし「ニート」と言われるようになった時から、私はスメルマンは仕事ではないのかな、と思い始めました。大多数の音楽をしている人が、他の仕事をしながらやっていくのが当たり前なのか、とも思いました。年も重ねるにつれ、将来の事もたくさん考えるようになり、メンバーと話し合って、今回のような大きな決断をしました。

とはいえ、大人になってここまで夢中になれることがあったこと自体、私は環境に恵まれていたのだと思います。

現在は、ソロでライブをしています。ステージに立っていると寂しい気持ちもありますが、1人も悪くないなぁとゆったりと楽しんでいます。(MCもしています)就職も決まり、結婚も考えたりしています。おかげさまで、毎日が充実しています。

最後になりますが、誰かにとって「ニート」のような活動だったかもしれません。それでも私にとってはかけがえのない時間でした。ずっと背中を追いかけたくなるバンドと出会えたこと、そのバンドに加入できたこと、スメルマンの歴史の一部になれたことを誇りに思います。

皆様、応援ありがとうございました。

スズキ

まず最初に、ほんっっっっっとにごめんなさい!!
アキラが抜けて、4人で話しあった結果、今の状態では活動を続けられず、休止という結論になりました。

おれはスメルマンというものが、自分の体の一部のような存在でした。ベースに誇りをもってやってこれたのも(ベースを続けてこれたのも)、スメルマンという存在、それを取り巻く環境や応援があったからです。

バンドとは、不定形で、色々な思いがかさなってできる集合体。いろんな事をひっくるめて、これが自分達の最良の選択かどうかはわからないですが、今は少し足を止めて、自分の音楽について見つめ直すいい機会かなと思っております。

こんな口下手のおっさんに、皆付き合ってくれて、本当にありがとう、まじで感謝しかないです!!!
とりあえず休止するけど、スメルマンは永久に不滅じゃーい!

そして、また会える日を楽しみにしておりまする。

Solong!good-bye!

ダイゴ

ハヤシです
この度は応援してくれている皆さんに残念なお知らせになってしまいましたが、
まずは今まで本当にありがとうございました

このような結果に至った理由としては、
…まあ、色々です。色々としか言えねえっすな笑

いずれにせよ、俺は人生の一番熱い時期をこのバンドに没頭することができて良かった

20代前半、盲目的に突っ走れる頃の根拠のない自信と、わがままと、音楽が好きという思い、だけでやってきました
それまで自分はまっとうな人間だと思っていたけど、
メンバー含めたくさんの人に迷惑をかけながら、好き勝手活動して、音楽を好きになればなるほど
「まあなんと俺はいびつな男だ」というのがどんどんとわかってきました笑
と同時に自分のアイデンティティが確立された気がします
遅過ぎた反抗期とでもいうのでしょうか
ただ、この反抗期がなかったら俺はきっと中身の無い、正論を叩きつけるだけのショボい犯罪者にでもなっていたことでしょう笑
犯罪者予備軍を救ってくれた皆さんありがとう笑

喜び苦しみながらSMELLMANで試行錯誤した音楽とメンバーは確実に誇りです
今回のことはやむなしだけど
またなんらかの形で表現したいなあと思っているし、
いびつなグダグダおじさんはまだまだ無責任に夢見てる笑(ビール飲みながら)

支えてくれた全ての皆様に
今はただ感謝です
本当にありがとうございました
またどこかで会いましょう!

ハヤシ